うつ退職

うつ退職、その後に待ち受けること

Share

私もそうでしたが、重症なうつになっていて、健康のためにも退職した方がよいことを頭で理解しつつも、やはり退職したあとがこわくてなかなか決断できない方は多いかと思います。

そこで、本稿では、私が経験した、うつ退職したあとにやったことをご紹介しますので、苦しい現状から脱する選択肢としての退職について具体的なイメージをもっていただければと思います。

傷病手当金の申請

退職してから、「あ、こういうことを国や企業が用意していてくれたのか」と感謝の気持ちになりました。その代表例が、傷病手当金です。

傷病手当金とは

傷病手当金とは、健康保険の一種で、ケガ・病気によって、働くことができなくなったときに、給料の代わりにもらえるお金です。所得補償や休業補償にあたります。

傷病手当金の受給期間は1年6ヶ月。もらえる金額は、毎月の給料の約2/3。

たとえば、毎月の給料の額面が30万円だった場合、その月は20万円がもらえます。

厳密には、給与を日割り計算して、1日あたりの金額をだし、申請する期間(営業日数が対象)をかけ算して算出します。

そのためにはやはり、申請の手続きが必要ですので、次に申請について記載していきます。

申請に必要なもの

必要な書類は、

  • 病院の診断書
  • 傷病手当金支給申請書

この2つです。

病院の診断書

診断書は、かかりつけのお医者さん(主治医)にかいてもらいます。費用は4,000〜5,000円程度だった記憶があります。診断書には、傷病名や医者の診断内容が記載されています。病院で「診断書をください。」といえば伝わります。

ここで注意してほしいのは、お医者さんを選ぶところです。前の記事にも書きましたが、相性の良い方をみつけてください。

主治医の先生は、退職後、傷病手当金を受給するためにも、治療のためにも、長くお世話になる方になります。ぜひ親身になってくださる先生をみつけてください。

Share

スポンサードリンク


Share

傷病手当金支給申請書

申請書は、各健康保険組合から入手します。たとえば、私はIT系だったので、関東ITソフトウェア健康保険組合(ITS)から、書類を入手しました。

ITSの傷病手当金受給申請書
リンク切れの場合

こちらに、氏名、年令、住所、会社名など基本的な情報、そして、診断書に記載された傷病名や、傷病手当金の申請期間(未来の分は不可)、振込先の銀行口座を記入します。ハンコも必要です。

その後、病院にいき、「傷病手当金受給申請書をかいてほしいです」と主治医に伝えます。

すると、主治医からの診断やハンコがもらえるので、それで完成になります。

傷病手当金申請書の提出先

作成が完了した申請書は、郵送にて自分が加入している健康保険組合に送付します。自身がどこの健康保険組合なのかは、保険証をみればわかります。

申請書を封筒にいれ、82円切手を貼り、送付します。封筒の大きさが大きかったりすると、定形外郵便物とみなされ、120円になりますので、注意してください。

大体、翌月くらいに指定口座に振り込まれます。振り込み日は、月末だったり、毎月15日だったりと組合によってもマチマチだと思うのですが、2ヶ月待つことはないでしょう。

うつ治療

もちろん、病院に通って治療を受けることになります。ただ、それだけでなく、運動をしてみたり、食事に気を遣ったり、生活の改善をしたりと、いろんな対策を試してください。

私のうつ治療は、前の記事(運営者について)にもかきました。なのでここでは、治療とまではいかないものの手軽に試せるうつ対応をご紹介します。

アロマテラピー

嗅覚は、人間の五感の中でもっとも情動(=感情)に影響がでるといわれています。

たとえば、朝はスッキリ柑橘系就寝前はお花や木のいやし系がおすすめです。これで気分を少し変えてみましょう。

ディフューザーとアロマエッセンスを買えばすぐにできます。

あと、実は、アロマエッセンスの使いみちはディフューザーだけでなくて、お風呂に入れるのもありです。マッサージオイルをもっていればそれに混ぜてマッサージすることもおすすめです。

アロマオイルには、いい匂いの他にも効果があって、消臭、殺菌、痛み止めなど。知ってみるとかなり面白いのでおすすめです。

1000円お試しセット(↓)をみつけたので、初めての方にはもってこいだと思います。

※ お風呂に入れるときは、目に入らないようご注意ください。

食事療法

気分を安心させる脳内物質に、セロトニンというものがあります。

セロトニンの分泌のために必要なものが、トリプトファンという必須アミノ酸です。必須アミノ酸とは、体内で生成されないアミノ酸でして、食事によって摂取する必要があります。

トリプトファンが多い食べ物は、納豆、ヨーグルト、バナナです。他にもたくさんあって、お気軽に食に取り入れられるので、ぜひ一度勉強しておいてほしいです。

私は、本屋でこの本を見かけて、即購入しました。

サプリメント

自身の体験もあって、いろいろ勉強してみると、栄養不足も精神に影響することが明確になっていきました。ビタミン、食物繊維などのサプリメントもそうですが、メンタルヘルス系のサプリメントもあるのでご紹介します。

私が試したのは、ヌース、5-htp(ヒドロキシトリプトファン)です。

経験上、最初のおすすめとしては、ヌーススピリッツです。
専門医と共同開発の心のサプリ「ヌーススピリッツ」。販売数15万個突破がアピールポイントのようです。

私は少しお腹が弱いからか、ちょっとゆるくなった気がしましたが、気分は楽になりました。初回お試しは1000円で購入できるので、お手軽な点もおすすめの理由です。→心のサプリ「ヌーススピリッツ」

気が向いたら生産活動

仕事でもなく、アルバイトでもなく、生産活動としたのには意味があります。

傷病手当金をもらっている状態では、週20時間以上働くことができない(そもそも健康上働けない)ということもありますが、それよりも、なんらかの活動、行動をすること自体に意味があります。

私はなんでもいいと思っています。粘土でアーティスティックななにかをつくるとか。絵をかいてみるとか、文章を書くとか、ゴミ拾いしてみるとか。実家に帰って家事を手伝うとか。新しいことを勉強してみることもよいでしょう。

ホントになんでもいいと思うのです。

たまには寝続けることもよいですが、そうでないこともしてみてほしいです。

表現することや、人の役に立つことをしていくことなど、なんでもいいから行動していくと、自分がどうしてうつになったのか。みえてくることもあります。

たとえば、うつシャカ(高学歴うつニート、社会を識る)では、体験談や人に伝えたいことの記事を募集していますので、ちょっと体験談、教えてあげてもいいかな、という方はLINE@に連絡ください。

まだうつシャカからの報酬はあまり出せませんが、どんなに下手でも大丈夫です。

あと、肉体労働がおすすめです。私は、多少元気になってきた段階で、店長をつとめる知人から声をかけてもらい、ラーメン屋でバイトさせてもらいました。

食べ物のにおいや、温冷を感じること、身体を動かすこと、集中することなど、いっぱい健康にいいことがあります。そして何より目の前で「美味しい」とよろこんでくれるお客さんがいる状況

もし、知らないところはハードルが高いとお感じなら、優しい店長なので紹介もできます。

まとめ

本稿では、普段、知ることのないうつ退職したあとの人生について体験ベースでお話しました。合う合わないあるかと思いますが、治療の部分についてはいくつか取り入れてみてください。

はじめはまだ変化や未知が怖いと思いますが、やっていくと楽しいことに気づいたりします。何か始めてみると、どういうことに自分が楽しくなるのか、つまらなくなるのかといった自分発見もあります。

人生の選択肢はたくさんあります。腑に落ちるものに出会えるまでは味見しまくっていいというのがうつシャカの意見です。

推奨書籍

 

Share
スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA