運営者について

Share

運営者経歴概要

平成生まれのゆとり世代。小学生の頃、算数のテストではクラスで最速回答、満点が常。友達と離れるのが嫌で普通に近所の公立中学へ進学。高校受験では、私立対策を3ヶ月しか行っていないにもかかわらず、都内の某有名私立進学校へ進学。1学年500人以上いる中、進学を懸けた学年統一テストでは同率5位。都内有名大学の理系へ希望通りの進学。在学中、ITブームに乗り、サービス開発を志すも、悪辣な人間に心身ボロボロにされ、うつ発症(第一次うつ期到来)。四苦八苦しながらどうにか大学を卒業。そのまま大学院に進学。在学中、周囲の人たちに助けてもらいながら生活。卒業後、東証一部上場の大手IT系企業に就職するも、1年目で第二次うつ期到来。1.5年で退社。高学歴うつニートにジョブチェンジ。

退社後、しばらく闇の時間を過ごす。生きてもないし、死んでもないような、無の時間を過ごす。人との連絡が怖く、友人関係も疎かになる。

後に、縁が縁を呼び、スゴ腕整体師を紹介される。頭部の骨格に異常があると診断され、施術により大幅な回復を遂げる。このとき、うつ病に関して解明され尽くされていないことを身をもって体感。

うつ期に試みた治療のご紹介

    • カウンセリング

1回8,000円。
2度受けるも、過去にあったことの整理をするだけで、現在や将来の不安感を拭えず、途中で辞退。

    • TMS(磁気治療法)

1回60,000円×30回が1セット。
不安を感じる扁桃体を抑制できない前頭葉に対して、磁気をあて、電気を流し活性化を図る手法。帰路、頭痛と疲労の眠気が気になる。本当にこれが正しい(自分に適した)治療なのか腑に落ちず、途中で辞退。

    • 精神科

1回1,000〜2,000円。
経験者からの話もあり、抗うつ薬に抵抗感があるため、なるべく弱いものを希望。頓服の抗不安薬を処方され、服用。夜はたしかに眠れるが、頭が働かないぼーっとする感覚になってしまう。朝はより起きにくくなるため、半分にかじって服用していたが、まもなく中断。

    • 整体院

初回100分20,000円。
診断と施術の方法も含め、初めは金額も高く、怪しいと感じていたが、翌日になり、その効果に驚愕。

    • 漢方

今でも興味があるが、体験していない。

    • 退職

よく、仕事から解放されたら治るとか、環境を変えると治るなどいわれるが、「自分は社会のクズである」、「自分は弱いんだ」などの自責の念に駆られる。やめてすぐに症状が軽くなった経験はない。将来不安が募るのみ。

※ うつになったとき、”人生の終わり”だと感じ、破滅的未来観が現れるはずです。後日投稿しますが、そんなことはないです。むしろ、始まりであることを当メディアを通して伝えていけたらと考えています。確かに私はもう普通には戻れません。しかし、普通だったら得られないとても面白い経験ができました。

Share
スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA